スポンサーリンク

共起語や関連語を散りばめる!共起語文章作成ソフト@Cワード

Cワード

管理人のびじおたです。

今回は、上位サイトのキーワード構造をトレースして記事を生成する共起語文章作成ソフト「Cワード」のご紹介です。

管理人はアフィリエイトをやってますから、記事サービスには興味があるんですよね。

ただ、自分ではどうにも使いこなせなくて、もったいないからやってない感じなんですが。

今回は上位サイトのキーワード構造をトレースと言うかパクって文章を作成してくれるソフトなんだとか。

パクってといっても、キーワードとその比率、共起語、関連語などを使って文章を作成してくれるんですね。

使い方としては、ターゲットのサイトの文章をSEOチェキなどで解析して、どんなキーワードがどれくらい使われているかを調べた上で、そのデータをこのCワードに入れると文章を作ってくれるということです。

ただですね、この文章、正直言って日本語になってません。

だからこれで稼ごうというのは甘いそうです。

ただし、SEO対策として文字数の多い記事を入れるとき、初期段階でこういう文章を入れておいて、順位が上がってくれば記事を差し替えるということなんだそうです。

作成された記事を突っ込んでその後はほったらかし、というのではダメなんですね。

それでも、バックリンクに使う無料ブログ用の記事とかなら行けるかも知れませんが。

実際、そんなクズのような記事でも外注で頼めばかなりの金額を取られますし、自分で書くとなると何時間もかかりますよね。

上位表示されているサイトの中身をチェックしてキーワードを抜き出すのは簡単ですが、そのキーワードを使って比率も同じにして自分で文章かけますか?と言われたらちょっとしんどい。

そんな記事、1記事書くだけでも大変なのに、それを何百記事突っ込まないといけないわけですよね、特に最近のコンテンツSEOなんかだったら。

だからとりあえずキーワードの入った記事を入れておいて、あとから修正するというスタンスでどうかということです。

まあ、記事自体はクズですからそのままにしておくと順位は下がっていくそうです。

Googleは直帰率も見てますから。

意味のわからないページは見た瞬間に閉じられますから、そういうのは評価が下がっていくわけですよね。

人間の書いた文章なら、いくら読みにくくてもちょっとは読めますけど、キーワードを羅列するよりちょっとマシ程度でつないだ文章だと、そもそも意味が分かりませんから読まないですし。

他に訪問時間を伸ばす工夫があればいいですけど、そうでなければキーワードスパムと同じですからね。

LPにもありますが、上位表示させるまでの記事として使ってくださいということです。

もちろん、使い方は個人の自由。

もっと上手く使いこなせるというのであればそれに越したことはありません。

記事を入れっぱなしにしてアクセス解析も見ない、というのであればこれ使っても逆効果です。

どうやってもこんなのモヤモヤした日本語にしかなりませんから、あとから差し替えるのが前提ですからね。

ただ、上手く使えば自分で無駄に作っていた記事が自動的に出来上がるわけですから、とても強力な武器になるはず。

ということで。

この記事では、上位サイトのキーワード構造をトレースして記事を生成する共起語文章作成ソフト「Cワード」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

共起語や関連語を散りばめる!共起語文章作成ソフト@Cワードでサイト立ち上げ時の対応を

この上位サイトのキーワード構造をトレースして記事を生成する共起語文章作成ソフト「Cワード」を使えば、サイト立ち上げ時の記事コンテンツの充実がはかれます。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

1.上位サイトのキーワード構造をキーワードチェックサイトで調べる
2.それをソフトにコピペする
3.生成ボタンを押す

たったこれだけで、あなたが狙っているワードの1位のサイトと同じサイトのキーワード構造の文章を作ることが可能です。

==ここまで==

ということだそうです。

ただし、これで文章を書いて記事入れしたからといって順位が上がる保証はありません。

あくまでも、1位サイトに文章構造が近いのだから上がりやすいだろう、ということです。

管理人のまとめ

今回は、上位サイトのキーワード構造をトレースして記事を生成する共起語文章作成ソフト「Cワード」を紹介しました。

このツールは使い方を間違えると単なるスパムツールになりますから、自分がなんのためにどう使いたいのかを考えた上で使用して下さい。

順位が上がって2ページ目くらいまで来たならさっさと人間の書いた文章に差し替えるようにしないと結局評価が下がっていきますから、そういう管理ができないのならやめたほうが良いです。

しかし、使い方が分かっているなら良いツールだと思います。

なおこのツール、購入すればどんな風に使えばいいかも教えてくれるようですね。

どんなジャンルでどこまで上がったのかとか、どんなジャンルに参入すべきなのかとかも。

初心者であればそちらの方が参考になるかも知れません。

これが自分のスタイルに合うかどうかはよく考えて下さい。

上位サイトのキーワード構造をトレースして記事を生成する共起語文章作成ソフト「Cワード」を有効利用して下さいね!

Cワード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする