スポンサーリンク

せどりとアマゾン販売を強力にサポート!プライスター日本版

せどりとアマゾン販売

管理人のびじおたです。

今回はせどりとアマゾン販売支援ツール「プライスター日本版」のご紹介です。

管理人はせどりはやらないんですが、友人がやってるんですよね。

さっきもメールが来てまして、こんな中古雑誌がお宝だ!なんて書いてました。

管理人は資金も目利きも出来ないんでやれないんですけどね。

とはいえ、アフィリとか他のネットビジネスでダメだった人でもせどりは現物を転売するだけなので、お金になりやすいし何よりも分かりやすいからやってみようという人も多いようで。

ただですね、そうなるとどうしても効率よく資金を回さないと破綻することは目に見えてるんですよね。

上手く行って規模を大きくすればするほどそのリスクも大きくなる。

サラリーマンが小遣い稼ぎの副業でやるならそれでもいいですけど、ビジネスとしてやるなら利益に対してはシビアにならないと、次の仕入れもままならないなんてことになりかねません。

楽天カード持って、ポイントばっかり貯まるけど、現金がどんどん減っていく、みたいな。

そういう事態を避けるためにはある程度リスク回避が出来るシステムがあったほうがいい。

初心者ほどそういう指標を教えてくれるツールがあったほうがいい。

そしてそんなツールは色々ありますから、その中から自分が気に入ったものを選べばいいと思うんです。

買い切りのツールがいいならそれを買えばいいし、月額課金制の会員のような感じで使えるほうがいいならそれを買えばいい。

まあ、買い切りの場合は、サポートが無いことが多いので、そこは注意ですかね。

アマゾンのシステムが変更されたときに対応してもらえなかったら最悪ですから。

今回紹介する「プライスター日本版」は月額課金制なのでサポートはあるし、システムの変更にも対応しているようです。

初月の30日間は無料で使えるのもいいですね。

ということで。

この記事では、せどりとアマゾン販売をサポートするツール「プライスター日本版」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

せどりとアマゾン販売をサポートするツール「プライスター日本版」で稼ごう!

この「プライスター日本版」を導入すれば、せどりとアマゾン販売で稼ぎやすくなります。

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

プライスターは、かんたんな操作で Amazon 販売の手間を尐なくすることができるようになっております。

たとえば、商品を出品する際には、たくさんの商品をまとめて出品することができたり、仕入れ価格を入力しておけば見込みの利益なども計算することもできます。

また、出品価格を価格を自動的に調整する価格の自動変更機能もプライスターの大きな特徴の1つです。

プライスターの価格の自動変更は1クリックでスタートして、24 時間 365 日止まらずに働き続けます。
(ライバルの価格が変わると最短 3 分(平均 5 分程度)で自動変更が可能です)

操作も6つのパターンの中からクリックで選ぶだけで価格の自動変更がスタートしますので、もう価格の調整に手間はかかりません。

その分、仕入れをする時間を増やして売上をアップしましょう。

==ここまで==

ということだそうです。

このツール、相当売れているようでアマゾン出品サービスのページでも紹介されているようですね。

ツールとしては2012年からリリースされているのですでに6年の実績があるんですね。

その点は安心して使えるんじゃないかなと思います。

また、ツールのマニュアルも充実していますね。

これだけでもせどりが分かるんじゃないかと思うようなボリュームと内容になっています。

しかも、最初の30日間は無料お試しができます。

自分でせどりをやってみたけど上手くいかなかったとか、これからやってみたいけどどうしようという人は試してみてもいいと思います。

いずれにしても最初の30日間は無料ですから、とりあえず気軽に導入してみればいいんじゃないでしょうか。

管理人のまとめ

今回は、せどりとアマゾン販売を強力にサポートするツール「プライスター日本版」の紹介でした。

昔せどりをやっていた人がまたせどりにかえってきているみたいですね。

せどりはなによりも分かりやすいというのが魅力でしょう。

しかし、どんなビジネスでもそうですが、自分勝手にやみくもにやってもなかなかうまくいかないもの。

その点、こういうツールがあれば、指標が分かりやすいですし、せどりに付随するユーザーとのやりとりとか、資金の管理、在庫の管理などもやってくれますから心強いと思います。

せどりとアマゾン販売支援ツール「プライスター日本版」を有効利用して下さいね!

せどりとアマゾン販売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする