スポンサーリンク

ZERO-ONEプロジェクト!中国輸入OEMスクール

ZERO-ONEプロジェクト

ZERO-ONEプロジェクト独自システムを活用した中国輸入OEMスクール

管理人のびじおたです。

今回は、ZERO-ONEプロジェクト独自システムを活用した中国輸入OEMスクール、のご紹介です。

管理人は転売やせどりはやっていません。

中国輸入もやっていません。

「モノ」が必要なビジネスは、軍資金が必要だし、売れ残ったときの在庫が問題になるので、自分では出来そうにないんですよね。

しかし、軍資金があって、センスが良ければこういうビジネスはかなり儲かるんだろうと思います。

そうはいっても、どうして良いかわからない、というのがほとんどの人でしょう。

しかししかし、もう自分でなにか副業をやらないと生活もままならない、将来が心配だという人がたくさんいるわけです。

管理人はアフィリエイトをやってますが、アフィリエイトはやっぱりハードルが高いと思うんですよね。

資金面では大したことはありませんが、稼げるのかと言うとこれが簡単ではない。

それに、成果が出るまで本当に時間がかかる。

特に時給感覚で働いている人が成果を出すにはものすごく時間がかかる。

その意味では出来るだけ手っ取り早く成果を出したい人には向いてないんです。

お金をかけずに時間をかけていい、稼げなくてもあきらめない、という人ならまあいいんですが。

そういうことで、なるべく早く稼ぎたいなら転売とかの方が分かりやすいんですよね。

転売とかせどりの場合は、買ったものを利益を乗せて売るだけですから。

もちろんそうはいっても、これもそんなに簡単ではありません。

特に今のように情報が簡単に取れる時代になると、米国のアマゾンが安いからそこで買って日本で売るとかだんだんやりにくくなります。

それに、いわゆる転売ヤーとかせどらーは、社会的に敵視されますよね~

アフィリエイターもいいようには言われませんけど。

どれも利ざやを稼いでいる、悪く言えばピンハネ商売なわけですから。

しかしながら。

これがオリジナル商品の販売だったらどうでしょうか?

製造は外部に任せて、商品のアイデアを出してそれをアマゾンなどで売る。

そういう仕組みだったらただの転売やせどりとはずいぶん違います。

いわゆるOEM販売というやつです。

副業であっても自社ブランドを持って、製造は外部委託してOEM販売をする。

こう書くとなんだかとても難しいことだし、そもそも何をどうすればいいのかさえわからないという感じになります。

しかしこれができれば、美味しい商売になるのではないか、とも思うんですよね~

イメージとしては、個人が運営する提案型商社をやろう、ということです。

それで。

じゃあどうやるんだと。

それを教えてくれるのが、ZERO-ONEプロジェクト独自システムを活用した中国輸入OEMスクール、というわけです。

ということで。

この記事では、ZERO-ONEプロジェクト、を紹介したいと思います。

もうLPが見たいという方はこちらから。

ZERO-ONEプロジェクト独自システムを活用した中国輸入OEMスクール

スポンサーリンク

ZERO-ONEプロジェクトで稼ぐ

この、ZERO-ONEプロジェクト、はどういうものなのか?

具体的に何が出来るのかは以下の通り。

==ここから==

専門知識ゼロからでもすぐに利益を上げるための、現役ベストセラー出品者によるオリジナル商品の制作&販売スクール。

本教材では、「環境の準備編」「OEMの準備編」「商品リサーチ編」「輸入代行への依頼編」「商品確認と販売戦略編」「販売開始編」「ライバル対策編」「顧客応対編」「継続販売編」など、(予定WEBページ数60P、動画150分※コンテンツは順次公開致します。)OEM商品販売に必要な全てのステップを、画像や動画を駆使して分かりやすく解説しているので、初心者から上級者まで幅広くサポートします。

==ここまで==

ということだそうです。

スクールの期間は6ヶ月だそうです。

しかし、多分マニュアルだけで商売が出来るようにはならないでしょう。

そのために勉強会があったりチャットサポートがあったりするようです。

ただ、半年でものになるかどうかは人によるでしょうね。

サポートの無料期間は半年で、その後は有料というパターンになりそうです。

いずれにしてもこのスクール、半年で約30万円と高額ですからよく考えて決断したほうが良さそうです。

どんな内容か気になる方はこちらからどうぞ。

ZERO-ONEプロジェクト独自システムを活用した中国輸入OEMスクール

管理人のまとめ

今回は、ZERO-ONEプロジェクト、を紹介しました。

このスクールは中国輸入のようですが、具体的な内容はあまり良く分かりません。

中国のどんな企業にどんな商品を委託製造してOEM販売するのか。

ここの部分が問題なので、LPではそれは書かれていませんね。

まあ、こんなことは一人ひとり違うので書きようがないし、そのためのスクールだとは思いますけど。

その他の輸入のやり方とかアマゾンでの販売方法は今ならネットを調べれば出てきますから、頑張れば個人でも出来なくはないでしょう。

ただ、うまいやり方というのはあるはずだし、規約への対応というのは時代で変わるので、こういうのもスクールがあると心強い気がします。

副業をしないといけないと強く思う人だけ、ZERO-ONEプロジェクト独自システムを活用した中国輸入OEMスクールを検討してみて下さい。

気になる方はこちらから。

ZERO-ONEプロジェクト独自システムを活用した中国輸入OEMスクール

ZERO-ONEプロジェクト

ZERO-ONEプロジェクト独自システムを活用した中国輸入OEMスクール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする